開催場選択

予想の基本

レースの基本的考え方

基本レース
枠番通りの進入でエンジン・選手の技量・選手タイプ・スタートが同じ場合の基本的考え方は、

1号艇先マイ、逃げる。

  • 普通に考えれば、波の無い所を一番最初に回れる。一番勝ちに近い。
  • 負ける場合は、
  • ・スタートが遅い。
  • ・捲られる。
  • ・外の艇に抵抗して流れる。
  • ・ターンミスで流れて差される。
  • ・プレッシャーで流れて差される。
  • などがある。

2号艇一番差し。

  • 基本的には一番最初に差し込む。外を回って勝つには1号艇以上の何かが必要。
  • 負ける場合は、
  • ・そとの艇に上を行かれて引き波の中。
  • 2コースはなかなか難しいコースである。
  • 実力ある選手のエンジンが悪く、少し腕が落ちるがエンジンのいい選手が2コース差す展開は取りやすく配当も良さそう。
  • その時の2着は1が多い。

3号艇握って、外マイ。

  • 1着取るには、2番差しでは遅い。
  • 勝つには捲り差すか内2艇を飲み込まないといけないが、捲り差しはテクニック等必要。外回るもエンジン、スタートがいる。
  • 負ける場合は、
  • ・スタート遅れでカドに捲られる。
  • ・外マイするも飛んで行く。

4号艇2番差し。

  • 例外はあるが主に助走をつけて行ける一番内側。
  • 攻め手にはいい位置。差しの場合は引き波3本を越えないといけない。
  • 負ける場合は、
  • ・差して届かない。
  • ・握って捲くても抵抗される。
  • ・外マイ飛んで行く。
  • ・外の艇に沈められる。

5号艇4号艇の上、あいた所へ差し込む。

  • 1マークまで遠い。何かがないと難しいコース。基本的にあいた所へ差し込む。
  • 負ける場合は、
  • ・行き場がない。

6号艇ひらいて最内を差し込む。

  • 1マークまで最も遠い。展開が必要。基本は最内差し込む。
  • 負ける場合は、というより何かがないと勝ちは相当遠い。
  • 最内差して2着とか配当がよくなる。

※ あくまで全て同じ条件であるが、それでもこのようにはならない。
ここからエンジン差・技量差・スタート・天候・競艇場の特性・選手特性・その他複雑な要因が絡んでくる。
また、一番は下が水である事。だから競艇に絶対はない。

- CAUTION -

  • 当サイトのご利用は無料です。
  • データの正確性は保証いたしません。
  • 当サイトのご利用は、自己責任とし一切の保証・賠償を行いません。
  • 当サイトご利用をもって、利用規約に同意したものと致します。

閉じる

※ 外部サイト